記事の詳細

130328_D2815

 

今回、この記事をピクシブにアップしました。

【Daz Studio4.5】Simple EleganceとSheer Greatnessで豪華ドレスを作る。 | Create3D

ピクシブのアップ先はこちら。

 

その時に、大きな画像を、ウエブ用に『綺麗に』画素数を落とします。

それが、Photoshopは簡単にできます。

 

たんに画素数を落とすだけならどの画像ソフトでもできますが

Photoshopではそれを『簡単』に『綺麗』に落とすことがワンタッチでできます。

 

 

ファイル→Web用に保存 を選択。

130328_D2815

 

左が元画像、右が画質を落とした画像です。

130328_D2816

右上の赤枠でモードを選択。

したの赤枠で容量の比較ができます。

 

左右の絵、そんなに変わっていませんが、画像容量は雲泥の差です。

 

これで画質が気になるようなら、少し上げましょう。

PNG8→PNG24にあげます。

130328_D2817

 

容量は倍になりましたが、元画像よりははるかに小さく、先程より画質は良くなりました。

130328_D2818

 

右上の赤枠に、プレセットが入っていますのでそれを選択するだけです。

もっと細かく設定したい場合は水色枠をいじります。

130328_D2819

 

この三枚見比べてもらえばわかるように、

130328_D2820

 

普通に見たら、どれも変わりないと思います。

130328_D2821

ちょっと画像が荒いかな、って感じ。

画質を落とした方は粒子が見えますが、説明画像ならこれでいいと私は思います。

 

ピクシブは何枚でも画像がアップできます(合計30メガ、最大pixel3000)。

今回だと、一枚目に縦3000pixelの完成画像をアップして、そのあとに

画質を落とした説明画像をアップしました。

 

Webページのスクリーンショッとを撮ったのはFirefoxのアドオンです。

Pearl Crescent Page Saver Basic | Firefox アドオン | Mozilla Japan の公式アドオン紹介サイト

見えていない部分も一枚の画像にしてくれます。

スクショを撮るのが楽になりました♪

 

左が元画像で右が画質を落としたものです。

 

130328_D2822130328_D2823

130328_D2824130328_D2825

130328_D2826130328_D2827

 

Web上で見る分なら、右側の画質を落としたので十分だと思います。

この大きさの画像が一メガになるんですから、凄いですよね。

 

目のアップ。

画質を落としても肌理はわかります。

130328_D2828

 

Photoshopを使うほどでも無い、赤い囲みをつけるような作業は

PictBearを使っています。

 

ただ、このソフト、JPEG保存のため、

保存するたびに画質が下がるんです。

標準で、Photoshopだと中画質保存になってるみたいです。

 

このページにアップしているスクショは、撮影した段階で、80%JPEGで撮影され

PictBearで赤枠などをつけると、それのまた80%ぐらいで保存されます。

なので、元画像の64%程の画質になりますね。

 

JPEGは階調の多い画像が得意なので、『絵』だとあまり気になりませんが

『字』だと覿面にぼやけます。

 

もともとPictBearで文字を入れると汚いので

たくさん文字を入れるときはPhotoshopで入れます。

 

この記事で使ったように、意図的に減色させる時にも便利です。

【RPGツクールVX Ace】マップにでかい風景を描きたい。 | 電子出版する人のタスク管理&ツールの使い方 by晶山嵐

絵を、意図的に『ドット絵』っぽくするのです。

 

 

Photoshop

 

 

Enjoy!

 

2013_03_28(木) am07:58

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Photoshop本の売れ筋10

RSS Create3D-3DCG制作作業日記

ページ上部へ戻る