記事の詳細

Photoshopで作業していると、一つのファイルにたくさんレイヤーを作りますよね。

そして、そのレイヤーを消したりつけたりして、色々なパターンの完成画を作ることがあります。

そういうときに役に立つのがレイヤーカンプ!

【Photoshop】3分でわかるレイヤーカンプ【こんな機能!】

「【Photoshop】3分でわかるレイヤーカンプ【こんな機能!】」/「晶山嵐」の漫画 [pixiv]にアップしたものです。

 

今までだと、その差分を作りたい数だけファイルをコピーして、

レイヤーをつけたり消したりした上で画像統合して書き出してませんでしたか?

私はしていました。

 

でも、そんな機能、Photoshopには最初からついていました!

ずいぶん昔からあったようです。

 

27965606_p1

 

レイヤーカンプウインドウを出します。

27965606_p2

 

↓これがレイヤーカンプです。

27965606_p3


作例を作って見ました。

27965606_p4

 

↓の人物にいくつかのレイヤーを重ねて差分を作ります。

27965606_p5

 

 

27965606_p6

 

 

27965606_p7

 

 

27965606_p8

 

 

27965606_p9

 

 

27965606_p10

 

 

27965606_p11

 

 

27965606_p12

 

 

27965606_p13

 

 

27965606_p14

 

 

27965606_p15

 

これらの差分ファイルを完成画として保存したい!

27965606_p16

 

そんなときにレイヤーカンプ。

27965606_p17

 

保存したいと思ったレイヤーを表示させた状態で、レイヤーカンプの新規作成をクリック。

27965606_p18

デフォルトだと『レイヤーカンプ1』と連番がついていきます。

判りやすい名前に変えたい人は変えてください。

 

完成画の状態をどんどん登録していきます。

27965606_p19

 

 

27965606_p20

 

27965606_p21

レイヤーカンプ登録完了。

 

↓レイヤーカンプがどれもついていない状態。

レイヤーの方も、元画像だけが表示されている状態です。

27965606_p22

 

レイヤーカンプの一番上の左側のマスをクリック。

27965606_p23

↑レイヤーが、登録した通り表示されました。

 

次のをクリック。これも、登録した状態で表示されます。

27965606_p24

 

絵を描いたラストで、完成をどれに仕様かといくつかのレイヤーを毎回クリックしていた人は

これがどれだけ楽な機能か判りますよね!

 

私は小躍りするほど嬉しかったです。

27965606_p25

そして、ここからがレイヤーカンプの本領発揮!

今登録したレイヤーカンプを、いっきに『自動で』出力します。

 

ファイル→スクリプト→レイヤーカンプからファイル…… を選択。

 

下記のウインドウが出ます。

27965606_p26

保存先は好きなフォルダを指定してください。

ファイルの先頭文字列もなんでもいいです。指定しなくても、普通に連番がつきます。

ファイル形式も、好きなものを選択してください。

 

指定が終わったら『実行』をクリック。

 

 

27965606_p27

 

 

どうですか?

 

あなたも何か見本でやってみてください。

絵を描いたあとの作業が、これで十分の一になったでしょう?

 

 

27965606_p28

 

 

Enjoy!&Thank you♪

 

2013_06_15(土) am08:15

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Photoshop本の売れ筋10

RSS Create3D-3DCG制作作業日記

ページ上部へ戻る