記事の詳細

Photoshopで簡単にタイル画像を作る方法。   近所の河原で取ってきた、私に著作権がある写真(笑) 130309_D1498     この画像をタイリングしても、角が切れていて使えません。 130309_D1500   赤い部分で切り抜き、外側を削除します。   130309_D1502 なぜここを選択するのかと言えば 『石が全部表示されているから』です。   マグネット選択ツールでぱぱっと選択してしまいます。 130309_D1503   削除。 130309_D1504   同じ道路の他の場所を移した写真からも 130309_D1505   同じように全部の石が映っている部分を持ってきます。 130309_D1506   フィルタ-その他-スクロール 130309_D1507   写真を半分上にずらします。 130309_D1508 上端と下端はつながっています。   真ん中の隙間に、先程、他から持ってきた石の画像を埋め込んでいきます。 130309_D1509   石を一つ切り分けて 130309_D1511   はめる。 130309_D1512   二つ目をはめる。 130309_D1513130309_D1514   もう真ん中が無くなったら、今度はスクロールで横に回します。 130309_D1515   その真ん中の隙間も、石を埋め込んでいきます。 130309_D1516   埋まりました。 130309_D1517   空いている部分を埋めます。   コピースタンプツール。 130309_D1519   抜けている場所が分かりやすいように背景を黒くしました。 130309_D1520   130309_D1521   やってるうちに、白い方が判りやすかったので白に変えました。 130309_D1522   コピーツールを選択下状態で、石の隙間を 『オプションキーを押しながらクリック』 130309_D1523 そして、他の場所をドローすると、 オプションキーでクリックした部分の画像が、ドロー先で描かれます。   これは、文字で説明してもわからないと思いますので 実際にやってみてください。   間を全部埋めました。 130309_D1524 この時点で、タイリング画像完成です。  

パターンを定義。

130309_D1526   河原の石歩道 130309_D1527   右端に保存されています。 130309_D1528   大きな画像を作って 130309_D1525   パターンで埋めつくします。 130309_D1529 綺麗綺麗。    

漫画調で使う場合。

石のラインをペンで書き入れます。 130309_D1530 今回はマウスでぱぱっとやってしまいました。   すでにこの画像はタイリングができていますので、 130309_D1531   スクロールさせて、全部の石をなぞるだけです。 130309_D1532   これで、ペン画の石タイルができました。 130309_D1533   もともとの画像をトーンに使いましょう。 130309_D1534   まず、白黒にします。 130309_D1535     130309_D1536   トーンカーブで、目立った影だけを残します。 130309_D1537   完成。 130309_D1538   なれたら数分でいくつでも作れます。     Enjoy!!   2013_03_09(土) pm04:05

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Photoshop本の売れ筋10

RSS Create3D-3DCG制作作業日記

ページ上部へ戻る