記事の詳細

Daz StudioのレンダリングをPhotoshopCS6で加工 完成画↑ Daz Studioでここまで作ります。Photoshopで↑にします。 130601_D0960     小話付き完成画はこちら↓ 【ギャラリー】新聞配達員が見た死線【Daz Studio4.6】 | Create3D  
Daz Studio作業。
下記二つを並べてレンダリングしただけです。 Dark Places: Back Alley 2k9  MECH 2012 Enforcer MECH 【Daz セール】Stonemason氏のセール♪(美麗背景のトップセラー) | Create3D ↑のアイテム紹介のために作ったので、マンションの非常階段(右側)を映したくてたまらなかったものです(笑) (絵の焦点そこなの!)   両方、Stonemason氏のアイテムなので、どっちも目立たせればいいんですが、階段が好きなもので♪   あと、日常の中に咄嗟に異物が紛れ込んでも、人間の目は、そんなものに咄嗟には照準を合わせません。 ということで、階段というか、後ろの家々を見ているので、手前のマシンはぼけています。   ライト
  • カメラ視点から右側の階段へスポットライト。自転車のライトなので少し黄色い。
  • カメラ視点からメカを照らすスポットライト。スペキュラオンリー。
  • 右手のガトリングを照らすポイントライト。白。
  • このシーンに最初から添付されていたディスタントライト二つ。どちらもスペキュラオンリーに変更。
  • 右足の輪郭をだすために画面の左からスポットライト。家の窓灯なのでオレンジ。
  130601_D0960   バックドロップのために↓こういう空を作って配置したんですが、真っ黒になったので剥がしました。 130601_D1019 ライトに影をつけると、バックドロップまで影が落ちるんでしょうかね。  
フォトショップ作業
●空を作る。 レンダリング画像の下に夜空レイヤーを作成。 130601_D0961   グラデーションを選択。 130601_D0962   既存のから赤枠のを選択。 130601_D0963   上から下へマウスを動かすと、こんな感じにグラデーションになります。 130601_D0964 夕日にしようかと思ったんですが、やっぱり夜空の方がいいので暗くします。   フィルター→描画→雲模様2 130601_D0966   こうなります。 130601_D0967   イメージ→色調補正→色相・彩度 130601_D0965   ↓『色彩の統一』のチェックを着けます。 130601_D0968   どんよりした雲っぽい。 130601_D0969   そのまま、明度を下げます。 130601_D0970   雲が浮かんだ夜の空っぽいので、背景はこれで完了。 130601_D0971 メカと夜空の間に白い線が出ています。 合成するときに一番問題になる『白マット』です。   Photoshopはこれを一発で消せます。フォトショップミラクル!   レンダリング画像を選択。 130601_D0972   レイヤー→マッティング→白マット削除 130601_D0973   ドーン♪ 綺麗綺麗。 130601_D0974   背景だけだとこんな感じです。 ちょっと、一面の空には使えませんね。 130601_D0975   ●画像に靄を掛ける。 夜空レイヤーをコピーして、レンダリング画像の上に出します。 130601_D0976   レイヤーモードを『スクリーン』にします。 130601_D0977   朝もやでけぶっているようになりました。 130601_D0978   全部けぶらなくていいです。 メカ心臓部の周りは温度が高いので、靄は消えます。   ということで、そこらへんの靄を消します。   レイヤーマスクボタンをポチ。 130601_D0979 130601_D0980   レイヤーマスクにブラシで消す部分を書き入れます。 130601_D0981 130601_D0982  130601_D0983 ↓赤い枠内を消しました。 ここら辺はメイン起動部なので温度が高いです。 130601_D0984 それと、ここらへんも靄がかかると、せっかく黒くしたメカが全部見えてしまうのでもったいない! 『見えないからこそ怖い』というのが欲しかったんです。   全体的に明るくなってしまったので、暗くします。 レイヤー→新規調整レイヤー→レベル補正。 130601_D0985   暗くなりました。 130601_D0987   ●光を足す。 メカは闇に沈んでもどこかがキラキラしているものです。(固定観念)   新規レイヤーに、散布ブラシで青い星を書き入れます。 130601_D0988 そのレイヤーをコピーして上に重ね、色調補正で明度を上げると 130601_D0989   青い星が白くなります。 130601_D0990 ↓下が青い星、上が白い星のレイヤー。 130601_D0991                       白い星のレイヤーを選択して、フィルター→その他→明るさの最大値 130601_D0992   白い星が小さくなります。 青白い光に見えますね。 130601_D0993   青い星にボカシをかけます。 130601_D0994 星がうるさい部分をテキトーに消します。   ●マシンを動かす。 ただボーッと立ってるだけだとつまらないので、新聞配達の少年に命の危機を感じさせる動きを持たせます。 それには、武器部分が動くのが一番。   右手のガトリングを選択して特殊ペースト。(シフト+Ctrl+V) 130601_D0995   ぼかし(移動)を掛けます。 130601_D0996 ガトリングが今、『今』『自分』に焦点を合わせたように見せるためです。   ついでに言うと このメカは、デフォルトだと、この腕とか足がベントしかなく、左右には動きません。 (肘が球関節にはなっていない) 130601_D1020 左右に動かす関節が無いので、肩から動かしてどうにかしなくてはいけなかったのですが 今回は面倒臭かったので、パラメータを強制的に表示させ 130601_D1021   暗いのをいいことに、関節を無理やり左(ZY方向)に曲げました。 130601_D1022 そうしないと、体を正面に向けたまま、ガトリングの先端がカメラを向いてくれなかったからです。     左手の機銃も、このままだと静止していて面白くないので動かします。   機銃を選択、特殊ペースト。 130601_D0997   回転させます。 130601_D0998   少し薄くします。 130601_D0999     130601_D1000   それをもう一枚重ねて、もっと薄くします。   ●武器をスタンバイにする。 真ん中の先端に、光を灯します。 130601_D1001   動きながら、射撃準備が整っていく様子に見立てました。 130601_D1002   ガトリングの方も、発射準備の光を足します。 130601_D1003 普通は全部一瞬で付くのですが、少年が一秒をとても長い時間に感じているので ライトのつき方に時間差を着けました。     赤い光のレイヤーにボカシ(移動)を掛けます。 ガトリングと一緒に光もぶれているからです。 130601_D1005 黄色い光は、照準をあてたあとについているのでぶれてません。   発射するぞっ! という光を入れます。   一番上にレイヤーを作り、黒で塗りつぶします。 130601_D1006   フィルター→描画→逆光 130601_D1007   ↓これを選択。 130601_D1008   そのレイヤーをスクリーンモードにします。 130601_D1010   それをガトリングの位置に移動させます。 130601_D1012   明るすぎるので、逆光を『明るさの最小値』で薄くします。 130601_D1013   黄色い色を逆光の上に持ってきます。 130601_D1014 完成。   ●PhotoshopCS6から書き出し。 130601_D1017 レイヤーを表示させた状態で、レイヤーカンプを作成。 130601_D1015     レイヤーカンプを書き出し。 130601_D1016 出力完了。   これをすると、完成画を書き出すために
  1. 元絵を保存。
  2. 画像統合。
  3. 保存せずに閉じる。
という手間が省けます。 うっかり画像統合したファイルで、レイヤーのあるファイルを上書きする心配もないです。(T_T)   完成画。 横3000pixelです。 「新聞配達員が見た死線【メイキングあり】」/「天川和香」の漫画 [pixiv] === 天川和香 === あまかわわか ===_Waka Amakawa_==   2013_06_01(土) am07:42

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Photoshop本の売れ筋10

RSS Create3D-3DCG制作作業日記

ページ上部へ戻る