記事の詳細

千枚も絵があると、なにから手をつけていいのか迷って後回しにしてしまった。
やるぞやるぞやるぞっぶ



やること。

よし。

とりあえず、生ファイルをコピーして
フォルダわけからする。

483メガあった……

12/09/21 (金)  6:07
---------
とりあえず千枚の絵を、
つながりごとにフォルダ分けしてるんだけど、

あとになるにしたがってカメラワーク巧くなってきて、
もんのすごいス ムーズにupから全身にズームアウトして
カメラの方向まで変わってるのに継ぎ目が無くて、
どこでわけていいのかわかんない状態。

さすがに、いっきに千枚も作ると、ものすごい速さで上達するなぁ。

12/09/21 (金)  6:56
---------
フォルダわけ完了。



全部で43になった。

実際の修正作業に入る。

まず、どうしても外せない、モザイクを入れる

12/09/21 (金)  7:08
---------
モザイク処理のアクション作った。



こんな画像つくっとる間にモザイク処理進めろよ……

モザイク面倒臭くて、何かで気をまぎらわしながらじゃないとやってらんない。

---------
12/09/21 (金)  8:19

修正前

修正後


修正箇所

■指先ツールで
・アントニオのブルネットを適当に髪っぽく。
・キースさんの口周りのポリゴンのしわを消す。
・キースさんの目尻をちょっとだけ長くする。

■歪みフィルタ
・アントニオの肩とキースさんの腕が干渉していた部分を均す。

歪みフィルタって今回初めて使ったけど、便利だねぇっ!
指先ツールみたいに、ぼけないんだ♪

♪パンパラッパッパッパッパーッ♪
晶山嵐はレベルが上がった!
歪みフィルタを使えるようになった!

うっし! ガンガンやってくぞーっ!

千枚、こんな修正すんの?
がんばる!

---------
12/09/21 (金)  8:49

修正楽しいかも……

修正前。明らかに胴体が突き刺さってる。


修正後。

一分ぐらいでこのレベルの修正ができるなら
DAZStudio4の3Dの歪みはあんま気にならなくなるな。

---------
12/09/21 (金)  9:19

髪の毛が突き刺さってます。
この時は、髪の毛にD-Formを仕込むということを思いついてないんですね。


絵っぽいけど、今はこれが精一杯なのでヨシとします。


---------
12/09/21 (金)  9:26
最初の頃はベッドにD-Formを仕込んでないので


歪みフィルタでベッド軋ませてみた。

平坦よりましだよね。

---------
12/09/21 (金) 16:27

修正が佳境に入ってきました。

どうしても、顔まわり、表情を目茶苦茶つけているのでポリゴンが歪んで影が出ます。
120921_D3032.JPG

指先ツールでしゅるっと撫でる。
120921_D3033.JPG

アントニオさんの右手が、キースの肩をがっつり抱いてません。
これ、レンダの時にわかってたんですが、
どうしてもデッサン的に肩を持たせるのが大変だったので
フォトショで影つけて誤魔化そうと思ってました。

(1000枚終わるころにはこれぐらいのポーズ、簡単にとれるようになりましたけど
 このころはできなかった)
120921_D3034.JPG

脇の影の色をスポイトで取得して指の影を濃くしました。
とりあえず、浮いてるようには見えないでしょう。
親指の向きが変なんだよね。これ。
120921_D3035.JPG

感情はやっぱり液体!
120921_D3036.JPG
涙! うるっ……(T-T)
120921_D3037.JPG

ここらへんはまだ、ぱらぱら漫画になってないので一枚絵なんですが
120921_D3039.JPG

流線を入れるかどうか思案中。

テキトーにつけた流線だから余計なんですが、なんか一気に漫画っぽくなる。
120921_D3038.JPG
漫画なら漫画でいいんだけど
いまだに、全体をどの調子で整えていいのかわかんないので。
とりあえず、必要な修正だけ先にやって、全体の効果はまた後でつける。



チュッチュッのキスシーン。
顔の歪みが酷い。
120921_D3041.JPG

↓全部こんぐらい修正。
120921_D3043.JPG
↓全部な……
120921_D3044.JPG

パラパラ漫画だと、似たようなポーズでこんだけの枚数になる。
パラパラ漫画なので、同じように修正しなきゃいけない。

修正自体は、1ファイル数秒なので手間じゃ無いんですが
『同じように』ってのが簡単じゃない。

まぁ、同じ人間が同じ場所を似たような力加減で修正するので
あんまり無茶苦茶違うようにもならないんです
私の目から見てると、それほど大問題でも無い。


今はまだ、汗かいてないから、指先ツールでささっと修正できるんだけど
このあと、ウエットボディーを使って、肌が汗書いてるので
指先ツールで修正できないんだ。

スタンプツールでできるのはわかってるんだけど
修正ツールってのも使ってみたい。(←まだ使ったことない)

修正ツールとスタンプツールってどう違うんだろう。

とりあえず、予想以上に快適に修正作業は進んでます。
頭で考えてるより簡単だった♪

こういうのやってみなきゃわかんないよねぇ♪

---------
DAZStu dio4独特の、このラット問題。


修正。

歪みフィルタ無かったら、ここまで簡単にはできてないなぁ。
指先ツールだとぼけるから、手直し大変だった。

なんつーか……スゴイソフトだ、Photoshop。万歳。

でも、この先、こんなこと100枚も2000枚もやってられないので
ゼロポーズ以外のポーズをHexagonに出力して
body変更するスキルをつける。
なんだっけ『フィックス』とかいうのができるんじゃないのかな。

キースさんはM4からシェイプで目茶苦茶bodyをいじってるけど
ここらへんはM4で適用できるかな。


このライトで角度だと、キースさんの青い目が黒くなっちゃうのね……(T-T)




---------
さーっ、今日もがんばって修正するぞーっ! オーッ!

○○○ 晶山 嵐 ○○○ しょうやま らん ○○○

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Photoshop本の売れ筋10

RSS Create3D-3DCG制作作業日記

ページ上部へ戻る