記事の詳細

Photoshopで破線を描く。 (設定は下で) 『ブラシ』の線は綺麗な破線なのに 四角の方は破れている部分も細い線が出てる。   ↑の赤い破線を書きたくて四苦八苦したもの。 色々な書き方をしてみた。 『矩形選択→パス』と『パスでできるだけ直角な四角』の拡大。 直角に近ければ近いほど、線が繋がるのか…… 仕様なのかな仕方ないな……と思って 破線は円で描こうとツールに登録したら気づいたでござる。 覆い焼きになってた。 なんで? いやいや↑さっき線の設定したとき繋がってなかったやん! なんで今は繋がってんの? 『乗算』に変えたら 四角も綺麗に破線になったでござる。 『覆い焼き』ってなんぞなもし。 なぜ丸や直角円では出なかったぞな、もし。 角を綺麗に合わせたくて、 一応、パーセントを四の倍数にしてみたんですが関係なかったみたい。 破線の角を合わせるのは、イラレでも 特別にブラシを作らないとできないことのようなので (角を綺麗に揃えた『枠線ブラシ』を作れば綺麗に角が描ける) Photoshopで適当に破線を書いて四隅と終点を綺麗にするのは無理っぽい? まぁいいや。 --------- ■破線を描く設定はこちら。 --------- お好きなブラシの太さを設定。 私は、囲み線を3ピクセルで引くので、3ピクセルのブラシで作ります。 『デュアルブラシ』をチェック。 『間隔』を100%より大きくすると線が破れます。 『直径』と『間隔』をお好きな数値に。 ツールプリセットに登録。 ついでですが、アクションに破線を登録する手前 『普通のブラシ』もツールに登録。 単体では使わないと思うんですけど。 登録するときに『カラーを含める』のチェックを外すと 描画色で描いてくれます。(テキストにもこの設定あればいいのに) 破線アクションを作ります。 本当にアクション超便利♪ --------- 講座とかメイキング作ってると 赤枠で囲むことがよくあります。 ↑こういうときですね。 これはアクションで登録していて こんな感じになってるんですが 今日初めて、『描画色では描けない』ことを知りました。 これとは別に、描画色を選択せずにアクションを登録して 描画色で描けるものと思ったら黒で枠を描かれました。 ちょっと困りました。 で、この破線アクションを作ったあと 「描画色枠も、パスで描いたらえーんやん」と気付きました。 ↓こういう感じですね。 『選択範囲の境界線を描く』をアクション登録すると、 そのときに選択されていた色が登録されてしまうのですが このアクションで『ブラシツールプリセット』を使うと ツールを登録したときに『色を含める』のチェックを外している場合 それをアクションに使うと描画色で描けるのですね。 手作業でするとなると面倒ですが アクションを使えば、選択境界線も、パスの境界線も ボタン一発です♪ アクションってすばらしいっ! と、今日再感動しました。 ちなみに、うちのアクションはこんな感じになってます。 似たようなアクションが繰り返されているのは 用途ごとにフォルダを作っているからです。 アクションって普通、モニタではこんぐらいしか表示されていないので その時に作っている絵の作業によって、 スライダで表示場所を変えます。 なので、別の場所に同じようなアクションが入っています。 こういう、使い勝手をいくらでも変えられるのが Adobe製品の良いところ♪ アクションがボタンになるのも最高ですね♪ まさにかゆいところに手が届く~ソフトです。 ○○○ 晶山 嵐 ○○○ しょうやま らん ○○○ 12/09/20 (木)  2:34  

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Photoshop本の売れ筋10

RSS Create3D-3DCG制作作業日記

ページ上部へ戻る