記事の詳細

PDFはページごとに画像になってくれると、

Windows初期のビューワーでもページごとに見れて便利。

いらない部分は削除できるし。

 

これをできるソフトは色々あるでしょうが、

開いたファイルをそのまま画像加工できるのと

私がPhotoshopを持っているというだけの理由で

Photoshopで実行します。

 

【買い物】自炊する【スキャナ】 | 電子出版する人のタスク管理&ツールの使い方 by晶山嵐

ScanSnap S1300iで自炊してみた | 電子出版する人のタスク管理&ツールの使い方 by晶山嵐

↑このスキャナでマイ画像メモを読み込んだら、PDF化されてしまうので

それを、余白を削除しながらばらしたい、というのが第一の目的。

 

 

PhotoshopにPDFファイルをドロップするとこの画面が開きます。

130325_D2609

左上の一ページがすでに選択されているので、

シフトを押しながら最終ページをクリックで全選択になります。

 

 

他の設定は適宜。

初期設定でも不都合無いです。

 

今回はモノクロ画像なので、グレースケールにし、

素材として使う予定なので、画像解像度を上げました。

 

 

OKを押すとページがファイルとして開きます。

画素数が高いと、この時間が少々掛かります。

130325_D2610

PDFファイル名に連番がついたファイル名になります。

 

以前、200ページ近くあるPDFにこの処理をしたら、

開くのに半時間程掛かりました。

コーヒーでも飲んでいてください。

 

 

開いたあとは、普通の画像ファイルです。

 

トリミングする部分を矩形選択した状態で

下記アクションを実行。

 130325_D2612

別名保存だと、アクションで実行するときに名前を聞かれて止まるので

『保存』を選択してアクションを作ります。

 

デスクトップにアクション用のPhotoshopフォルダを置いて

アクションの保存先は全部ここにしています。

 

デスクトップの前に、別フォルダが入っているのは

   E:\etc\Desktop

私がデスクトップフォルダをこの場所に移動させたからです。

このままにしておくと、Cドライブにマイドキュメントとか保存されちゃうので

最初にマイドキュメント関係を全部Eドライブに移しました。

 

130325_D2613

Photoshopファイルで不都合なら、アクションを作るときに別形式で保存しましょう。

 

あとは、アクションをボタンモードにして

ポチポチ押していくだけです。

 

ボタンを押すのがめんどい人は

tinytask – Google 検索

を使いましょう♪ 便利~♪

 

 

 

Enjoy!!

 

2013_03_25(月) am09:24

 

 

Windows7 64bit PhotoshopCS6Extended使用。

多分、どのPhotoshopでもできると思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Photoshop本の売れ筋10

RSS Create3D-3DCG制作作業日記

ページ上部へ戻る